協会概要

高砂物産協会26年度事業計画

特定非営利活動法人高砂物産協会

平成25年度からは、「高砂市をPRする」を基本方針に物産品開発販売、ご当地キャラによる広報事業、市内での案内と販売業務の3事業を主に展開していくよう考えています。

gaiyou_bokkurin_illust_b_aisatsu_big
基本方針での展開
3事業を中心に高砂市をPRする事業を展開していく。

gaiyouzu

1.商品開発と販売促進
営業専門員を雇用し(1名)、全国的に高砂市と高砂市内物産品のPRを進めていきます。
◇マスコットキャラクター関連商品の開発と販売促進
昨今のご当地キャラクターブームの中、物産協会が管理・運用する「ぼっくりん」がアサヒ16茶、スズキアルトエコなど全国規模のテレビCMに出演していま す。有名になっていく「ぼっくりん」の関連商品を開発し「ぼっくりん」と共に高砂市を全国にPRし、関連グッズの販売店を増やしていくよう進めていきま す。
◇潜在物産品の開発と販売促進
「高砂」のネーミングをフルに活かし、高砂染や、松右衛門帆布など潜在的にある高砂市の物産品の販売の促進を行います。
◇販売促進事業
全国で開催される見本市や物産展などに積極的に参加し、関連商品の販売促進や新しい販売先の開拓などを進めて行きます。
◇SNSでの販売促進
SNS上での販売を積極的に行い、全世界を対象に販売を実施して
いきます。
◇ブライダル関連への販売
ブランダル関連業者と調整し、おめでたい、謡曲発祥の地「高砂市」のブライダル商品の開発を進め、結婚式場などに引出物等で活用していただけるよう進めて行きます。
◇松右衛門帆布事業
関西広域連合の推薦商品として東京ギフトショーに出展したことをきっかけに、都市部百貨店からの催事依頼があり、今後も増える見込みです。百貨店での催事 や見本市をメインに百貨店直取引の営業を開始し、宣伝PRの戦略をたて東京を中心に活動を展開していき、2年後(平成27年度から)の独立に向けた(松右 衛門本店として独立を目指す)取り組みを行います。

2.ご当地キャラによる広報活動
ぼっくりん部隊(仮称)を2名雇用し、各種イベント等へ参加し高砂市を広くPRしていく。
◇市内外で実施される関連イベントへの参加
市内外で開催される、ご当地キャラ関連イベントへ積極的に参加し、ご当地キャラと共に高砂市のPRを行う。また、イベントのPRタイムはエンターテイメント性の高いダンスなどを行いファンの獲得に努める。
◇SNSの充実
ぼっくりんをテーマにしたダンス音楽を制作し、ダンスや高砂市内の話題などの動画を作成、SNSよりご当地キャラクターと共に高砂市の話題を提供してい く。※動画サイト(ユーチューブなど)へ、アップロードすることによりアクセス数を高め、ご当地キャラクターと高砂市への話題を高めていく。また、動画サ イトのアクセス数が増すことによりマスコミの注目も上がっていく。
◇マスコミなどへの売込みと出演
他方面からマスコミ(テレビ、雑誌等)に対して、売込みを図ると共に、出演の依頼があれば積極的に参加し、高砂市のPRを行っていく。

3.アンテナショップでの案内・販売事業
高砂駅前観光案内所「ちちり」をアンテナショップとし、ショップ定員2名、経理担当者1名を雇用し事業の経理とショップ運営の実施。
◇市内各種イベントの案内と参加
市内で開催される秋祭りやたかさご万灯祭など各種イベントの案内並びに事業者として参加し販売活動も行う。また、文化会館等での公演のチケット販売なども行い、市内のプレイガイドとしての機能も発揮していきます。
◇市内観光地や事業所など市内各場所の案内と紹介
高砂市の観光地の案内を始め、バスの時間、貸自転車店、宿泊施設、飲食店などの紹介や公共施設、企業や事業所の案内など市内各施設の案内を実施します。
◇メイドイン高砂事業
市内在住のアマチュア作家の作品や、高砂出身のアーチストの作品などの紹介と販売を「メイドイン高砂事業」として実施します。また、謡曲「高砂」を始め、 高砂を題材にした各種作品の紹介も実施していきます。※観光案内所の運営については高砂市観光協会等への27年度までにスムーズ受け渡しが行えるように調 整を行う。
5.事業実施スケジュール
別紙

ページ上部へ戻る